Netflix話題作『ザ・グローリー』は『カジノ』『アイランド』と比べて何がスゴい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixで好評配信中の『ザ・グローリー~輝かしき復讐~』が、公開以後に50%を越える占有率を逃さず、圧倒的な話題性を誇っている。

【関連】『ザ・グローリー』特別予告編公開。ソン・ヘギョの“処刑の舞”に期待!

世論調査会社GOODDATA Corpは1月26日、『ザ・グローリー』が4週間で54%、73.4%、66.7%、63.7%のOTT(動画配信サービス)ドラマ話題性の占有率を記録したと明かした。

公開初週に54%占有率で1位でスタートした『ザ・グローリー』は、その後に口コミが広がって占有率73.4%を記録した。驚くべきことは、公開4週目に調査した今回の結果でも63.7%の占有率を記録したことだ。

それに対してウォン・スヌGOODDATA Corp代表は、「2022年9月に公開されたNetflix『ナルコの神』の場合、公開初週に86.7%の占有率を記録したが、当時はライバル作が8本に過ぎなかった。今回の『ザ・グローリー』の場合は、『カジノ』『アイランド』『酒飲みな都会の女たち2』などの最新作含む13本の中で記録した成果だ」と説明した。

(画像=Netflix)

『ザ・グローリー』に続く2位は占有率18.3%を記録したDisney+オリジナル『カジノ』で、話題性点数は前週比べ17.6%増加した。

TVINGの『酒飲みな都会の女たち2』『アイランド』がそれぞれ占有率6.9%、6.4%を記録して3、4位に上がり、5位は公開を控えているCoupang Playのオリジナル『エサ』(原題)だった。

GOODDATA Corpが1月25日に発表したOTT話題性ドラマ・シリーズ部門のランキングは、1月16日から22日まで配信中または公開予定のドラマシリーズ、OTTオリジナル作品13本を対象に、ニュース記事、VON(ブログ・コミュニティ)、動画、SNSで発生した番組関連情報とネット民の反応を分析した結果だ。

(記事提供=OSEN)

【写真】女優ソン・ヘギョ、“美背中”を大胆披露

【関連】『ザ・グローリー』で豊胸手術をした悪役キャラは誰?

【関連】『ザ・グローリー』で殻を破った女優ソン・ヘギョ「可愛さ諦めた」

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事