『トッケビ』キム・ゴウン、『100日の郎君様』ナム・ジヒョン主演の新作『若草物語』はどんな話?

2022年08月04日 ドラマ情報 #新作ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国tvNの新ドラマ『若草物語』(原題)の“三姉妹”ポスターが公開された。

【関連】『100日の郎君様』ナム・ジヒョンが記者役に挑戦

同作は、貧しいが仲良く育った三姉妹が韓国で最も裕福で有力な家族に対抗する物語。巨大な事件に巻き込まれた三姉妹が、「お金」という人生の宿題を解いていく過程が熱く爽やかに繰り広げられる。

映画『お嬢さん』『親切なクムジャさん』、ドラマ『マザー無償の愛』と、人間本来の深い感情を引き出すことに定評があるチョン・ソギョンが脚本を担当し、ドラマ『ヴィンチェンツォ』『王になった男』の力強い演出で愛されたキム・ヒウォン監督が演出を担当。さらには女優キム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフが主演を務めることで早くも注目が集まっている。

新しく公開されたポスターには、キム・ゴウン扮するオ・インジュ、ナム・ジヒョン扮するオ・インギョン、パク・ジフ扮するオ・イネの姿が写っている。「最も低く暗いところから、最も高く明るいところへ」というキャッチコピーのように、今は誰かに見下ろされている三姉妹の快進撃に期待が高まる。

三姉妹となるキム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフのチームワークは最大の見どころだ。

(画像=tvN)

キム・ゴウン扮する長女オ・インジュは、貧しい家庭に育ったがゆえに早くも「お金=保護者」であることを悟り、人並みの暮らしを夢見ていた人物。しかし、彼女には人生を大きく揺るがす事件が起きてしまう。

ナム・ジヒョンは、お金に魂を売りたくない次女オ・インギョンに扮する。記者として徹底した使命感と高い共感力を持つ人物だ。生まれてからずっと貧しかったが、お金のために頭を下げたりはしない。彼女の記者として最初に触れた謎の事件が、再び近づいていることを感じて真相を暴こうとする。

末っ子のオ・イネは、新人女優パク・ジフが務める。天才的な絵の実力だけで名門芸術高校に進学した彼女は、姉たちの愛情にプレッシャーを感じ、そろそろ自分の生き方を学ぼうとする。

いつもキャラクターに説得力を持たせるキム・ゴウン、エネルギッシュで繊細な感情演技に定評のあるナム・ジヒョン、映画『はちどり』の主演として注目を浴びたパク・ジフ。3人の実力派女優が織りなすストーリーが、早くも待ち遠しい。

制作陣は「最も低く暗いところにいる三姉妹が、最も高く明るいところに入ろうとする瞬間、堅固だった世界のシステムが揺れ始める。平凡だが、尋常でない彼女たちの物語は興味津々だ。完璧に異なる魅力の三姉妹を演じるキム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフの演技合戦に期待していただきたい」と伝えた。

(記事提供=OSEN)

【関連】『100日の郎君様』ヒロイン女優ナム・ジヒョンの正体

【関連】『ユミの細胞たち』監督&脚本家がキム・ゴウンを絶賛した理由

【関連】キム・ゴウンが『ユミの細胞たち』シーズン2で再び存在感示す

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事