『100日の郎君様』ナム・ジヒョンが『王になった男』監督の新作ドラマに出演決定!今度は記者役に挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

『100日の郎君様』で知られる女優ナム・ジヒョンが韓国tvN新ドラマ『若草物語』(原題)に出演を決定した。

【関連】さよなら『100日の郎君様』…出演者たちは最後に何を語ったのか

『若草物語』(原題/演出キム・ヒウォン、脚本チョン・ソギョン、制作スタジオドラゴン)は、貧しいが優雅に育った三姉妹が韓国で最も裕福で有力な家族に対抗する物語を描く。巨大な事件に巻き込まれた三姉妹が、「お金」という人生の宿題を解いていく過程が熱く爽やかに繰り広げられる。

何よりも、映画『お嬢さん』『親切なクムジャさん』、ドラマ『マザー無償の愛』と、人間本来の深い感情を引き出すことに定評があるチョン・ソギョンが脚本を担当し、ドラマ『ヴィンチェンツォ』『王になった男』の力強い演出で愛されたキム・ヒウォン監督が演出を務める。それぞれの作品をヒットに導いた2人の出会いは、すでにドラマファンの期待を極限にまで高めている。

さらにキム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフの“新鮮な”組み合わせも注目だ。

まずキム・ゴウンは、お金で家族を守りたい長女「オ・インジュ」に扮する。ひどい貧困のなかで育ったオ・インジュは、早くから“お金こそ保護者”であることに気づいた。他人と同じくらいの暮らしをすることが夢のすべてだった彼女の前に、人生を丸ごと飲み込むような事件が起こる…。

(写真=BHエンターテインメント、マネジメントSOOP)上からキム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフ

ナム・ジヒョンは、お金に魂を売りたくない次女「オ・インギョン」役を務める。オ・インギョンは賢くて使命感の強い報道局の記者としていつも正しいことのために動く女性で、常に貧しく、未だに貧しいが、お金のために頭を下げたりはしない。

初めて記者になったときに向き合った謎の事件が再び近づいていると感じた彼女は、本能的に探り始める。しっかり者で主体的なキャラクターであるだけに、安定の演技力を持つナム・ジヒョンの活躍が期待をさらに高めている。

ナム・ジヒョン特有のエネルギッシュな姿と繊細な感情演技がキャラクターの魅力を最大化してくれる見通しだ。

自分のために苦労する2人の姉の愛情が手に余る三女「オ・インヘ」役は、パク・ジフが務める。

オ・インヘは貧しいせいで良い絵の具すら使ったことがないが、優れた絵の実力で名門芸術高校に進学した人物だ。映画『はちどり』で印象的な演技を披露し、忠武路(チュンムロ)の期待株に浮上したパク・ジフが、複雑な内面を持つオ・インヘをどう描いていくのか、注目したい。特にキム・ゴウン、ナム・ジヒョンとのシナジー効果も今から楽しみだ。

『若草物語』の制作陣は、「ひとつの事件のなかに三姉妹の人生が絡み合いながら、一味違った面白みを届ける。巨大な力に対抗して人生の方向を探していく三姉妹の物語が強烈かつおもしろく描かれるはずだ」と伝えた。新ドラマ『若草物語』は、韓国tvNにて2022年に放送予定。

(記事提供=OSEN)

【関連】実は天才子役で女子大生!!『100日の郎君様』ヒロイン女優ナム・ジヒョンの正体

【関連】シリアス史劇が絶妙にコラボした「痛快時代劇この3本!」

【関連】『100日の郎君様』主演女優ナム・ジヒョンの「かかあ天下」が忘れられない!

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事