2PMジュノがロマンチックな夏の夜をプレゼント!「Before Midnight」では何を語った?

2022年08月15日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

2PMジュノが8月12日から14日まで3日間、ソウルのSKオリンピックハンドボール競技場で ファンコンサート「LEE JUNHO 2022 FAN-CON 〈Before Midnight〉」を開催し、夏の夜をロマンチックに染めた。

【関連】2PMジュノ、ネトフリ新作『セレブリティ』に特別出演

青空がピンク色に染まる夕暮れから夕日を含んだ夕方、そして夜まで。今回のファンコンサートは夏の1日を時間の流れに沿って溶け込ませた構成で、ロマンチックな雰囲気を演出した。

「2PMのジュノ、俳優のイ・ジュノ、そして皆さんのイ・ジュノ」と、ファンに挨拶したジュノは、「夏は僕にとって特別な季節なので、この夏を皆さんとより一層意味深く過ごしたくて今回のファンコンを開くことになった。久しぶりに皆さんの歓声を聞くことができて本当に嬉しく、夢のようだ。大きな歓声に力をもらって楽しく公演するので、一緒に楽しんでほしい」と、会場を盛り上げた。

ジュノは自ら作詞・作曲した全16曲を披露。エネルギッシュな姿はもちろん、派手なパフォーマンス、優れた歌唱力まで、多彩な才能を遺憾なく発揮した。

(写真=JYPエンターテインメント)

「お見せしたいステージが多くてコンサートをするべきか悩んだけど、皆さんと仲良く話もしたくて、ファンミーティングとコンサートを合わせた『ファンコン』を準備した」というジュノ。

夏の活動が多かったため付けられたあだ名「イ・ヨルム」(ヨルム=夏)と、誕生日の1月25日を合わせたトークコーナー「125日のサマー」も設け、夏やすみやアイスクリーム、真夏の夜の夢、熱を以って熱を治すなど、夏に関わるさまざまなキーワードで今までの活動を振り返り、ささやかな日常も紹介している。

そして「2013年の夏にソロデビューしてから、夏はみんなと楽しむ季節、毎年恋しくなる季節にしたかった」と言い、これまで発表した夏のソロ曲を即席で歌唱。また、夏におすすめの曲『Love Is True』や『Don’t Leave』『My House』も披露し、ファンを喜ばせた。

(写真=JYPエンターテインメント)

今回のファンコンでは、ファン想いで知られるジュノの真心がにじみ出た。

彼はオープニングのステージを終えてしばらく客席を見つめながら会場を埋め尽くしたファンを目に収めたり、「客席にいる一人ひとりが本当によく見える」と言いながらファンと目を合わせ、反応を伺った。

そんなジュノの気持ちに応えるように、ファンらは「覚えて 輝くジュノの季節」(12日)、「ジュノ、あなたが私の夏だよ」(13日)、「一緒だから完璧なミッドナイト」(14日)と書かれたスローガンを力強く振りながらジュノを応援した。

夏の夜を華やかに彩ったジュノは、「パフォーマンスをしながら皆さんを見ると、ペンライトが僕を明るく照らす星のようだった」と、感動した様子。

そして「ファンが『イ・ヨルム』という大切な愛称をつけてくれたので、毎年夏が待ち遠しい。もう夏は僕を最もよく表す季節のようだ。今回の公演名は『Before Midnight』というけど、今のジュノが考える夏の夜の感情はこういうもので、これからジュノはこういう感じだろうな、という気持ちが少しでも伝わったのなら嬉しい。何よりも夏といえば今日がみなさんの記憶に長らく残ってほしい。みなさんが一緒にいてくれて僕の夏の夜は完璧だった。本当にありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えた。

ファンの愛情と応援の中でソウル公演を無事に終えたジュンホは、来る8月20、21日の2日間、東京の日本武道館で日本のファンと触れ合う。

(写真=JYPエンターテインメント)

(記事提供=OSEN)

【関連】ジュノ主演『赤い袖先』が10/5からBlu-ray&DVDリリース開始!

【関連】2PMジュノ、『赤い袖先』出演後に送られてきた台本は100本ほど!?

【関連】ジュノが最近ハマっているのは?夏休みの計画は?

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事