新ドラマ『法に則って愛せ』で復帰するイ・スンギ、“驚きの過去”が明らかに!【画像】

2022年08月06日 ドラマ情報 #新作ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国KBS2新ドラマ『法に則って愛せ』(原題)に主演するイ・スンギの、カッコよさが爆発する検事時代が公開された。

【インタビュー】『マウス』主演イ・スンギ、R-18ドラマ初挑戦の感想

初回放送を9月5日に控えた同作は、検事出身の“大家”キム・ジョンホ(演者イ・スンギ)と、4次元弁護士の“賃借人”キム・ユリ(演者イ・セヨン)の「ロマンス」ならぬ、「ロー(Law)マンス」ドラマ。同名の人気ウェブ小説のドラマ化で、清涼な映像を誇るイ・ウンジン監督と脚本家のイム・ウィジョンがタッグを組んだ。

何よりも、久しぶりに明るくエネルギッシュなキャラクターを演じるイ・スンギの復帰ドラマとして大きな話題を集めている。イ・スンギは劇中、元検事で今は無職のビルオーナー、キム・ジョンホを演じる。

新しく公開されたスチール写真には、ジョンホの“熱血検事時代”が収められた。ジャージーを好む今の姿とは真逆の、スーツ姿の彼が不服そうな顔で誰かに抗議している。“原則主義者”として情熱を燃やしていた彼が、検事をやめた理由は何か。今とは違いすぎる、謎めいた過去が気になるところだ。

(画像=KBS2)

いつもジャージー姿で撮影に臨んでいたイ・スンギがスーツ姿で登場すると、スタッフからは歓声が上がったという。イ・スンギは恥ずかしそうに微笑みながらも、撮影が始まると“熱血検事”に切り替わってカリスマ性を発揮したとのことだ。

制作陣は「イ・スンギが演じるジョンホは、法学部首席入学、在学中に司法試験に合格、司法研修院の首席修了まで、最高のスペックを持つ。イ・スンギは限界のない表現力でジョンホをリアルに演じ、物語に感動と面白さを倍増させてくれた。イ・スンギの活躍が見られる本放送にたくさんの期待をお願いする」と伝えた。

(記事提供=OSEN)

【関連】イ・セヨン、今度は韓国ラブコメ史上“最も熱い”ヒロインに!?

【関連】イ・スンギ主演『マウス』DVD発売開始!メイキングの一部を公開!

【関連】『マウス』のイ・スンギ、難度の高い役でイメージ一新

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事