膽星台(チョムソンデ)…善徳女王の指示で造られた東洋最古ともされる天文台

2020年05月11日 年表・用語 #名所・紀行
このエントリーをはてなブックマークに追加

今から約1300年前の7世紀中頃に、新羅(シルラ)27代王の善徳女王(ソンドクヨワン)が作らせたとされる膽星台(チョムソンデ)は、東洋最古の天文台ともいわれている。

花崗岩を積み重ねて造った石の塔で、その高さは約9mにもなる。

ちなみに積み重ねられた石の数は、資料によってさまざまだ。366個説もあれば、361個説などもある。いずれにしても、上にゆくに従ってゆるやかな曲線を描く形は独創的だ。

善徳女王の指示のもとで造られた膽星台(写真=韓国観光公社)

中ほどにある小さな窓に差し込む光や底にある水鏡で、天体や気象を観測したと推測されている。1962年には国宝第31号にも指定されており、韓国国民の間では広く親しまれている。

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事