ユ・スンホ主演の新時代劇『花咲けば月想う』ティーザー公開!4人4色の青春模様に早くも“期待大”

このエントリーをはてなブックマークに追加

KBS2の新時代劇『花咲けば月想う』(原題)が、たった15秒のティーザー映像でドラマファンの心を鷲掴みにした。

初回放送を12月20日に控えた同作は、朝鮮時代において最も厳しい禁酒令が下された時期を舞台に、密造酒を取り閉める原則主義の監察と、酒で人生を変えようとする女性の“追撃ロマンス”時代劇だ。

【関連】新時代劇『花咲けば月想う』主演ユ・スンホの相手役は?

公開されたティーザー映像には、家門の復興のため上京した司憲府(行政を監督する官庁)の監察ナム・ヨン(演者ユ・スンホ)、幼い頃に両親を亡くし、家長になった女性カン・ロソ(演者ヘリ)、アルコール中毒の王世子イ・ピョ(演者ビョン・ウソク)、兵曹判書宅の大事な一人娘ハン・エジン(演者カン・ミナ)の4人4色の若者たちの姿が収められた。

(画像=KBS2)

ただならぬ雰囲気とスピード感のある画面転換は、『花咲けば月想う』が描き出す歴史上最も強力な禁酒令時代をコンパクトに表し、期待感を高めた。また、「線引きを知らない4人の青春の反乱がはじまる!」というフレーズが、興味をそそる。

密造酒の製造者を追うナム・ヨンと、こっそり密造酒を作るロソの姿は、本番での活躍を期待させる。“酒が罪になる”時代の雰囲気から、若者たちの反乱と冒険、アクションを予告して好奇心をくすぐった『花咲けば月想う』は、今年の下半期の最高期待作として挙げられている。

『花咲けば月想う』の制作陣は「禁酒令が出された時代の中で、禁止されていることに反旗を翻した4人の若者の興味津々な物語で、時代劇に見慣れない方々や既存の時代劇ファンの心も掴まえるユニークな楽しみを提供する予定だ。多くの期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

『花咲けば月想う』は、韓国KBS2にて12月20日に放送開始予定。

(記事提供=OSEN)

【ブレイクの鉄則】時代劇の子役からスターになった人たちの顔ぶれが凄い!

『仮面の王 イ・ソン』ウラ話!ユ・スンホが振り返る撮影現場の様子

『仮面の王 イ・ソン』ウラ話!ユ・スンホが捉えた世子イ・ソンの人物像

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事