【知ってた?】『海街チャチャチャ』で人気のキム・ソノがブレイクした意外な作品とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、Netflixで配信中の韓国ドラマの中で大人気になっているのが『海街チャチャチャ』だ。シン・ミナとキム・ソノが主演しているラブコメで、韓国ではtvNで放送中となっている。

ドラマは、ソウルにいられなくなった歯科医師(シン・ミナが演じている)が海辺の町で再起をはかる物語だが、町の人気者として大活躍する主人公を演じているのがキム・ソノだ。

【関連】『100日の郎君様』出演のキム・ソノが積んできたキャリアとは?

こうして2人のラブロマンスが潮風に揺られながら続いていくのだが、キム・ソノが爽やかなルックスでドラマを大いに盛り上げている。

彼はペ・スジとナム・ジュヒョクが主演した『スタートアップ:夢の扉』でもイケメンの投資家として重要な役を演じていたが、もともとブレークするきっかけとなった時代劇があった。それが、『100日の郎君様』であった。

キム・ソノ

多彩な演技力を発揮

このドラマは、EXOのD.O.(ディオ)として知られるド・ギョンスが主演していて、彼が世子(セジャ)のイ・ユルを演じていた。

そのイ・ユルは悪徳高官に命を狙われて九死に一生を得て田舎の農民として生まれ変わる。それは、記憶喪失に陥ってしまったからだ。

しかし、王宮では世子が失踪して大変な騒ぎになってしまった。その失踪を捜査する漢城府(ハンソンブ/日本で言えば警視庁)の役人チョン・ジェユンを演じたのがキム・ソノであった。

彼の演技は『100日の郎君様』でとても目立っていた。

ヒロインのホンシム(ナム・ジヒョンが演じていた)に一目ぼれする姿は愛嬌があったし、颯爽としていた韓服姿も似合っていた。さらには、執拗に捜査を続けていく熱血ぶりも視聴者から好感をもって迎えられた。

それでいて、都合が悪くなると「おとぼけの演技」も巧みに見せていて、多彩な演技力を発揮していた。

間違いなく『100日の郎君様』を盛り上げた重要キャストであった。

こうしてキム・ソノは時代劇で存在感を示し、以後もドラマで重要な役をこなして、今回は『海街チャチャチャ』で大人気となった。今後の活躍が本当に楽しみだ。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

【関連】『100日の郎君様』の主役コンビの息が合った演技が忘れられない!

【関連】『スタートアップ』の俳優キム・ソノの意外な姿を楽しめるドラマとは?

【関連】『スタートアップ』で人気急上昇のキム・ソノは『100日の郎君様』の中心人物だった!

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事