『ヘチ』に登場する司憲府とは何をするところなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月14日からNHK総合テレビで午後11時から放送されている時代劇『ヘチ 王座への道』。

このドラマには、女優のコ・アラが演じる司憲府の捜査官のヨジや、彼女の上司である俳優のイ・ピルモ扮するハン・ジョンソクなどが働く司憲府(サホンブ)という組織が登場する。

その司憲府のことを説明する前に、朝鮮王朝の中央官庁にはどんな組織があるのかを説明しよう。

朝鮮王朝の朝鮮として君臨しているのは国王であり、その国王を補佐するのが中央官庁で働く官僚たちだ。

【関連】韓ドラ時代劇がよくわかる官僚の役職・呼び名・地位を超解説!!

彼らは科挙という試験に合格したエリート官僚たちで、存在感を出すために国王に意見をすることもあった。

そんな官庁の組織はいくつかにわかれているが、その中でも重要な組織をいくつか紹介しよう。

最初に紹介する行政府の最高機関である議政府(ウィジョンブ)。その中でトップ3と言われているのが、現在の総理大臣にあたる領議政(ヨンイジョン)、副総理にあたる左議政(チャイジョン)と右議政(ウイジョン)だ。

その議政府以外に、王の秘書を務めていた承政院(スンジョンウォン)や罪人の取り調べを行なっていた義禁府(ウィグムブ)などがある。

『ヘチ 王座への道』でコ・アラが司憲府の捜査官のヨジを演じている

司憲府の象徴

その中の1つである司憲府(サホンブ)について説明しよう。

司憲府とは、高麗から朝鮮王朝にかけて存在した組織で、官僚が不正や違法行為をしないかの監視をしたりする。

もし、そういった行為があった場合はすぐに取り締まりを行ない、官僚たちの官職を剥奪する権利を持っていた。

このように、現在の警察のような働きをしていた司憲府は、韓国時代劇のドラマにもよく登場し、チョン・イルが主演を務める『ヘチ』にも出てくる。

最初に紹介したヨジやハン・ジョンソクの他に、俳優のアン・スンギョン演じる司憲府の補佐官のアボン、ハン・サンジン扮するウィ・ビョンジュといった人物もドラマに登場する。

ちなみに、このドラマのタイトルにもなっている『ヘチ』とは、善悪を裁くと言われる伝説の神獣のことであり、司憲府の官僚を象徴する言葉だと言われている。

ドラマ『ヘチ 王座への道』に登場する司憲府の人たちが、今後どのような活躍をしていくのか、ストーリーを楽しみながら注目してみよう。

文=大地 康

【関連】『ヘチ』に出てくる最悪の王子は実在したのか?

【関連】チョン・イルが演じた英祖は歴史的に偏屈な国王だった!

【関連】知ってた?韓ドラ時代劇にもっとも多く登場する王様は誰か

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事