『トッケビ』でヒロインを演じたキム・ゴウン!こんなドラマに出演していた

このエントリーをはてなブックマークに追加

キム・ゴウンと言えば、コン・ユ主演のドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で、ヒロインのウンタク役を務めた女優だ。

【写真】『トッケビ』キム・ゴウン、『100日の郎君様』ナム・ジヒョン主演の新作『若草物語』はどんな話?

2012年に公開された映画『ウンギョ 青い蜜』でデビューした彼女は、その映画で大鐘賞映画祭で新人女優賞を獲得している。

期待の女優として注目を集めているキム・ゴウンは、他にどんな作品に出演しているのだろうか。

映画で注目するのは『コインロッカーの女』と『メモリーズ 追憶の剣』だ。

『コインロッカーの女』は、韓国で『チャイナタウン』という原題で公開された作品で、キム・ゴウンは、赤ん坊のころに地下鉄のコインロッカーに放置され、警察に保護されたイリョンという女性を演じている。

共演者には、イリョンを引き取ったヤミ金業者を営むマ・ウヒ役のキム・ヘス、イリョンが取り立てに向かった家にいた債務者の男の息子のパク・ソッキョン役のパク・ボゴムなどがいる。

キム・ゴウン

女優としてのキャリア

『メモリーズ 追憶の剣』は、イ・ビョンホンやチョン・ドヨン、ペ・スビン、2PMのジュノが出演していた映画で、高麗王朝末期の時代が舞台となっている。

この映画でキム・ゴウンは、ユベクが開催した武術大会で、チョン・ドヨンが演じたウォルソにそっくりな剣さばきの少女役を務めた。

一方のドラマでは、『トッケビ』の他に『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』と『ザ・キング 永遠の君主』、『ユミの細胞たち』シリーズで演技を披露している。

『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』は、パク・ヘジンやソ・ガンジュン、イ・ソンギュン、ナム・ジュヒョクなどが出演していたドラマで、キム・ゴウンは平凡な女子大生のホン・ソルを演じた。

『ザ・キング:永遠の君主』は、イ・ミンホが主演を務めたドラマで、2つの異なる世界(パラレルワールド)が舞台となっている。
本作で、キム・ゴウンは大韓民国刑事のチョン・テウルと大韓帝国犯罪者のルナの1人2役を務めていた。

さらに、『ユミの細胞たち』のシーズン1と2でユミ役を務めているキム・ゴウンは、韓国で9月3日に放送がスタートする新ドラマ『若草物語』に出演する。

いったいどんな演技を見せてくれるのかに注目したい。

文=大地 康

【写真】人気ドラマ『ユミの細胞たち』監督&脚本家がキム・ゴウンを「素晴らしい役者」と絶賛した理由

【関連】復帰作『ザ・キング:永遠の君主』イ・ミンホは俳優としてどんな作品に出演してきたのか

【関連】『トッケビ』で死神を演じたイ・ドンウク!2023年放送予定の『九尾狐1938』に出演

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事