『椿の花咲く頃』で大人気となったカン・ハヌルが新しい時代劇に登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カン・ハヌルと言えば、ドラマ『椿の花咲く頃』で純朴な警察官を演じて好評を博している。そのカン・ハヌルが、2021年に放送予定の新しい時代劇『月が浮かぶ川』で、男性主人公の温達(オンダル)の父親となるオンヒョプを演じることになった。

この『月が浮かぶ川』はどんなドラマなのか。それは、韓国では誰もが知っている古い説話が元になっている。

【関連】韓国のイケメン俳優たちが時代劇ドラマに出演するようになった理由

この説話を知らないと『月が浮かぶ川』の内容がよくわからないと思うので、まずは「温達(オンダル)と平岡姫(ピョンガンヒ)の物語」を解説しよう。

高句麗の25代・平岡王(ピョンガンワン)には泣き虫の平岡姫がいた。彼女は、「泣いてばかりいると嫁に行けないぞ。そのときは『馬鹿の温達』の妻になれ」とよく言われていた。

この温達は正直で優しいのだが貧乏のどん底にいた。身なりも汚れていたので馬鹿にされていた。平岡姫が16歳になったとき、平岡王に反発して「あれだけ『温達の妻になれ』と言われたので、そうします」と言って宮殿を飛び出して、本当に温達の妻になってしまった。

カン・ハヌル

重要な役に扮するカン・ハヌル

すぐに生活のために平岡姫は金の腕輪を売って温達に言った。「馬を買います。商人の馬は高いので、見放された痩せた馬にしましょう」。この言葉に温達も従った。

平岡姫は痩せた馬を巧みに世話して大きく育てた。その馬で温達は王の狩りに参加してたくさん獲物を取った。さらに、戦争でも温達は手柄を立てた。平岡王は大喜びして温達に高い官職を与えた。こうして彼は平岡姫のおかげで大出世した。

平岡王が亡くなり、嬰陽王(ヨンヤンワン)の代になった。温達は「奪われた土地を取り返してきます」と言って再び戦場に行ったが、運悪く戦死してしまった。部下が彼を弔ったとき、棺がまったく動かなくなった。すると、平岡姫が来て棺にやさしく話しかけた。「勝負が終わりましたから天国へ行きましょう」。すると、動かなかった棺がようやく前に進んだ。そして、みんなが英雄の死を悼んだ……これが「温達と平岡姫の物語」なのである。

この説話を元にした時代劇『月が浮かぶ川』で、人気のキム・ソヒョンが平岡姫に扮し、カン・ハヌルは温達の父のオンヒョプを演じる。

現代劇の『椿の花咲く頃』から一転して時代劇で重要な役に扮するカン・ハヌル。彼の新作に大いに期待したい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

【関連】母の死と借金乗り越えたパク・ボゴム、新作公開と兵役前に知るべきその半生

【関連】ヒョンビンも主演候補だった?熱狂的ファン多かった『雲が描いた月明り』

【関連】天才子役から美しき女優へ。キム・ユジョンはいかに成長してきたのか

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事