景福宮(キョンボククン)…12万坪以上の敷地を誇る朝鮮王朝500年のシンボル

2020年05月11日 年表・用語 #名所・紀行
このエントリーをはてなブックマークに追加

1392年に朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)の指示で、1395年に建てられた王宮・景福宮(キョンボククン)。

当時流行していた風水地理説に基づいて創建され、12万坪以上の広大な敷地を誇り、往時には200棟を越える殿閣が立ち並んでいたほどだった。

【写真】厳粛なる世界文化遺産・宗廟とは?

1392年に朝鮮王朝を建国した李成桂の指示で、1395年に建てられた王宮(写真=韓国観光公社)

日本の豊臣秀吉が朝鮮出兵した1592年の壬辰倭乱(イムジン・ウェラン)のときにそのほとんどが焼失してしまったが、1868年に再建されたが、1910年の韓国併合条約で日本が敷地内に朝鮮総督府の庁舎を建造。

敷地内の殿閣の多くが破却されてしまった。それでも近年は復元工事が進んでおり、2025年には景福宮復元事業が完了する予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事