ソン・イェジン、パク・ミニョンら人気俳優が勢揃い!韓国JTBCが今年の新作ラインナップ発表

2022年01月14日 ドラマ情報 #新作ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国JTBCが2022年に放送するドラマのラインナップを公開した。

ときめきを届けるロマンスから共感を呼ぶヒューマンドラマ、強烈なアクションサスペンス、楽しさ全開のファンタジーまで、さまざまなジャンルのコンテンツを披露する。

【関連】パク・ミニョンが新作『気象庁の人々』で演じるキャラがどれくらい凄いのか

2022年初の水・木曜ドラマとしては、『愛の不時着』女優ソン・イェジンが主演する『三十九』(原題)が放送される。40歳を目前にした3人の女ともだちの友情と愛、人生についての深い話を扱う現実ヒューマンロマンスドラマで、ソン・イェジンのほか、チョン・ミド、キム・ジヒョンが出演する。

『ボーイフレンド』の脚本を執筆したユ・ヨナと『それでも僕らは走り続ける』を演出したキム・サンホ監督が意気投合しただけに、共感できるストーリーと幻想的な女性同士の友情が描かれる予定だ。来る2月に初放送を控えている。

(画像提供=JTBC)『三十九』ポスター

熱帯夜より熱く、局地的な豪雨よりも推し量ることができない気象庁の人々の仕事と愛を描く職場ロマンスドラマ『気象庁人々:社内恋愛残酷史編』(原題)は、土・日曜日に視聴者を訪ねる。

“ラブコメクイーン”と呼ばれるパク・ミンヨンと若手人気俳優ソン・ガンが「会社員」に変身し、気象庁を舞台にロマンスを繰り広げる。演出を務めるのは『椿の花咲く頃』のチャ・ヨンフン監督だ。

パク・ミニョン(左)とソン・ガン

『椿の花咲く頃』で知られる俳優カン・ハヌルと女優イ・ユヨンの出演で話題を集める『インサイダー』(原題)も、上半期放送作としてラインナップに加わった。
 
同作は『ミッシング~彼らがいた~』などを演出したミン・ヨンホン監督と、『プリースト~君のために~』などを執筆したムン・マンセの作品で、潜入捜査中に奈落の底に落ちた司法研修生が、奪われた運命の手札を握るために死闘を繰り広げるアクションサスペンスだ。

俳優カン・ハヌルとイ・ユヨンがそれぞれ司法研修生と実業家に扮し、もう一度代表キャラクターを更新する見込みだ。

カン・ハヌル(左)とイ・ユヨン

株式戦争に飛び込んだ証券オフィス街の下請け掃除員3人組の欲望の疾走を描いた『クリーニングアップ』(原題)も注目を集める。

希望よりも絶望に慣れた貧しい人生にやってきた危険なチャンスと、株式で人生の逆転を夢見る人々の欲望と彼らの話を描く。女優ヨム・ジョンアとチョン・ソミン、キム・ジェファの演技変身と彼女たちの呼吸が期待を集めている。

『ヴィンチェンツォ』俳優ソン・ジュンギとイ・ソンミン、シン・ヒョンビンが出演を決めた『財閥家の末っ子』(原題)も、2022年最大の期待作のひとつだ。

『財閥家の末っ子』は、財閥総帥一家のオーナーリスクを管理していた秘書が財閥家の末っ子として転生して2度目の人生を送るファンタジードラマ。『サバイバー:60日間の大統領』『トキメキ☆成均館スキャンダル』の脚本家キム・テヒと新鋭チャン・ウンジェが執筆を、『W-君と僕の世界-』『彼女はキレイだった』のチョン・デユン監督が演出を務める。

ソン・ジュンギ

この他にも『模範刑事』シーズン2、『悪い母親』『ディエンパイア:法の帝国』(いずれも原題)も2022年に放送予定。JTBCは2022年、幅広いジャンルとしっかりとしたストーリーのドラマで視聴者の夜の時間を担うという計画だ。

【写真】人気女優パク・ミニョンのドラマはジャンルを問わず面白い!

【関連】パク・ミニョンが演じた王妃の悲しき運命とは?

人気俳優ソン・ジュンギが自身初のSF映画で見せたオドロキの演技とは?

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事