2PMジュノら『袖先赤いクットン』出演陣がトーク番組に出演!どの現場よりも楽しかった撮影裏話を披露へ

2022年01月25日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月26日に放送されるトーク番組『ラジオスター』には、大ヒット時代劇『袖先赤いクットン』(原題)に出演した2PMジュノ、イ・セヨン、チャン・ヘジン、オ・デファン、カン・フン、イ・ミンジがゲスト出演する。

【画像】『袖先』クランクアップの様子。ジュノがハグした相手は?

主人公役のジュノはドラマの放送前、同番組で「視聴率15%を達成すれば袞龍袍(コンリョンポ/王が執務のときに着る服)を着て『My House』を踊る」と破格の公約をしていた。そのジュノの巧みな演技力やイ・セヨンとの見事なコンビネーション、さらには『ラジオスター』に再出演を願う視聴者の念願に支えられ、『袖先赤いクットン』最終回は17.4%を記録しながら有終の美を飾った。

今回の放送では、6人の俳優たちが8冠に輝いた年末の「2021 MBC演技大賞」からドラマ撮影の裏話を語り尽くし、『袖先赤いクットン』ファンに再びときめきを与える見込みだ。

ジュノはどの現場よりも楽しかった『袖先赤いクットン』の撮影に言及しながら、毎回上昇する視聴率を見て「このままだと『ラジオスター』再出演決定だな、と思った」と率直に告白し、周囲を微笑ませたという。

劇中でホン・ドンロ役を務めたカン・フンは、美男子役を完璧に演じた秘訣として笑顔に隠された秘密を公開。

(画像=MBC)

ソン・ドクイム(演者イ・セヨン)の友人、キム・ボギョン役を演じたイ・ミンジは、女官役を務めた女優たちが笑いのツボが合うことから“本当の友だち”になったと明かす。撮影当時、厳粛な雰囲気の中で「笑いを我慢するチャレンジ」が行われたエピソードも披露した。

『袖先赤いクットン』主役6人が優れた演技力に劣らない話術で裏話を大放出した『ラジオスター』は、1月26日22時30分に放送される。

(記事提供=OSEN)

【関連】“売れっ子俳優の仲間入り” ジュノ、ギャラも大幅値上げか

【関連】『袖先』監督が語るジュノの“プロの仕事ぶり”

【関連】新人女優、“兄役” 2PMジュノにかけられた「優しい言葉」を公開

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事