『赤い袖先』イ・セヨン主演の新ドラマはコメディ要素満載!? 前代未聞の退職パーティーとは?【場面写真】

2022年08月07日 ドラマ情報 #新作ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

KBS2新ドラマ『法に則って愛せ』(原題)に主演するイ・セヨンの新しいスチール写真が公開された。

【写真】イ・セヨン、爽やか&優雅に魅せた“時代劇クイーンの香り”

初回放送を9月5日に控えた同作は、検事出身の“大家”キム・ジョンホ(演者イ・スンギ)と、4次元弁護士の“賃借人”キム・ユリ(演者イ・セヨン)の「ロマンス」ならぬ、「ロー(Law)マンス」ドラマ。同名の人気ウェブ小説のドラマ化で、清涼な映像を誇るイ・ウンジン監督と脚本家のイム・ウィジョンがタッグを組んだ。

イ・セヨンは劇中、正義感の強い“4次元弁護士”キム・ユリ役を務め、これまでにないド派手なファッションと躍動感あふれる魅力を披露する見込みだ。

公開された写真の中には、ユリの驚いた表情が絶品の「退職パーティー」の様子が写っている。大手法律事務所ファン&クに退職願を出したユリ。裁判を終えて事務所に戻ると、ファン代表(演者キム・ウォンヘ)を初めとした職員たちが彼女の退社を心から喜んでいた。

「退職おめでとうございます」と書かれた横断幕を見て途方に暮れたユリと違って、ファン代表は口が裂けそうに笑いながら拍手を誘う。雰囲気に流され、ケーキのろうそくの火を吹き消したユリ。はたして彼女が残した最後の言葉は何か、気になるところだ。

(写真=KBS2)

このシーンは、去る6月、和気あいあいとした雰囲気の中で撮影されたという。カメラが回るとキム・ユリに切り替わったイ・セヨンは、隠していたギャグセンスを発揮し、現場を大爆笑させたとのことだ。

制作陣は「画面いっぱいにコミカルな雰囲気を盛り込んだ名シーン」と紹介。そして「イ・セヨンはこのドラマを通じて信じて見られる女優であることを証明する。彼女の新しい魅力にハマるはずの『法に則って愛せ』に、たくさんの期待をお願いする」と明かした。

(記事提供=OSEN)

【関連】いまの韓国ドラマを賑わせる「旬の女優3人」を選ぶなら誰を指名するか

【関連】女優イ・セヨン、『赤い袖先』だけじゃない「もうひとつの代表作」

【注目】『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』パク・ウンビンの“過去作漁り”が流行中

前へ

1 / 1

次へ

関連記事


RANKINGアクセスランキング

写真


注目記事